読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【企業】破産のてるみくらぶ、社員80人の会社が50人も内定者を出していた事が明らかに「これから先どうしたら…」

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000097381.html

 破産手続きの開始が決まった旅行会社「てるみくらぶ」が、社員が80人程度しかいないにもかかわらず、50人もの内定者を出していたことが分かりました。

 てるみくらぶの内定者:「だいたい50人ぐらいはきのうの説明会に来ていたので、(内定者は)50人ぐらいはいます」「(破産について)あと5日後には社会人になるんだという気持ちで準備を進めていたし、そういう思いでいたのでこれから先どうしたらいいのか先が見えない状態で、どうしたらいいのか分からない気持ちでいっぱいでした」
 てるみくらぶは、来月1日に入社予定だった約50人の内定者を、27日に本社の近くに集めて説明会を開きました。山田社長が破産に至った経緯を説明し、全員の内定取り消しを通告しました。内定者のなかには、すでに地方から東京に引っ越してきて、家賃を払えない可能性がある人もいるということです。一方、てるみくらぶの契約件数は約3万6000人で、旅行が中止になったり予約金が返金されなかったりするなどの影響が懸念されています。 http://www.wehate9.com/

【テレビ】<テレビ朝日の前ドラマ制作部長>経費不正使用で降格 605件、559万円

テレビ朝日が28日、前総合編成局ドラマ制作部長の男性(57)を、会社経費の不適切な使用により3月21日付けで懲戒処分上の降格処分としたことを発表した。同日付けで部長職も解任した。

 テレビ朝日広報部の発表によると、2010年4月から今年の3月にかけて、「個人的な会食等で計605件、559万円余りの会社宛の領収書を得て、会社から払い戻しを受けていた」と説明した。「不適切な会社経費の使用があったこと、会社の信用を傷つけたこと」が処分の理由とされた。同氏は現在、部長としての仕事の引き継ぎを行っており、終了後の処遇は未定とした。

 発覚の経緯は発端は「週刊誌の報道によるもの」とした。本人へのヒヤリングを経て、処分を決めた。同社の規定では懲戒解雇、諭旨退職に次ぐ処分にあたる。局としては「会社経費の不適切な使用など会社に損害を与える好意がなされたことは、非常に遺憾です。視聴者、関係者の皆さまにお詫びいたします」とコメントした。

 同局には「相棒」、「ドクターX」といった看板ドラマがあるが、早河洋会長兼CEOによると両作について、「彼が制作したことはありません」といい、プロデューサー陣を管轄するという立場だったとした。

デイリースポーツ 3/28(火) 14:56配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170328-00000066-dal-ent http://www.wehate9.com/

【テレビ】<坂上忍>昼から下ネタの高橋真麻に「誰だお前は!」

フリーアナウンサー高橋真麻(35)が、テレビ生放送で失態を演じ、俳優の坂上忍(49)からダメ出しされる一幕があった。

 真麻は28日放送のフジテレビ系「バイキング」に生出演。MCとしてオープニングで放送内容を紹介したが、いきなりセリフを噛んでしまい苦笑。坂上から「大丈夫ですか? そんな日もありますよね」と笑顔でフォローされた。

 しかしさらにその後、横綱稀勢の里に関する話題でのこと。クイズで「稀勢の里は○○もめちゃくちゃ上手かった」という穴埋め問題が出されたが、正解は「野球」のところに、真麻は「夜の相撲」と解答して含み笑いを浮かべた。

 昼間の生放送での下ネタに、出演者からは「最低ですよ」とヤジが飛び、坂上も「オープニングで噛むわ、下ネタぶっこむわ……誰だお前は!」と笑いながらもたしなめた。

日刊スポーツ 3/28(火) 14:55配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170328-01798944-nksports-ent http://www.wehate9.com/

【東京都】<酔った海上自衛隊員が窃盗!>財布忘れ関与浮上

 東京・歌舞伎町で海上自衛隊員の男が酒に酔って居酒屋に侵入し、現金5000円などを盗んだとして逮捕された。

 窃盗などの疑いで逮捕されたのは、海上自衛隊下総航空基地所属の海士長・伊藤拓馬容疑者(25)。警視庁によると伊藤容疑者は先月12日、新宿区歌舞伎町で閉店後の居酒屋に侵入し、忘れものとして保管されていた財布の現金5000円やマフラーなどを盗んだ疑いが持たれている。

 伊藤容疑者は当時、酒に酔っていて、侵入した居酒屋の床に座布団を敷いてしばらく寝ていたが、座布団の下に免許証などが入った財布を忘れたため関与が浮上したという。

 調べに対し伊藤容疑者は「マフラーは寒かったからとったが、現金は盗んでいない」などと容疑の一部を否認しているという。

日本テレビ系(NNN) 3/28(火) 14:52
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170328-00000038-nnn-soci http://www.wehate9.com/

【香川県】<国内最大級の不法投棄>産廃撤去きょう完了!量は当初の約60万トンから最終的に91万トン

 日本で最大級の産業廃棄物の不法投棄が行われた香川県の豊島で、県が14年かけて進めてきた廃棄物の搬出作業が28日、完了する予定。

 香川県土庄町の豊島では1975年ごろから長期にわたって自動車の破砕くずやシュレッダーダストなどが不法投棄され、撤去を求めていた島の住民たちと県の間で2000年、公害調停が成立。3年後、産廃を隣の直島に運び出す作業が始まった。

 産廃の量は当初の約60万トンから最終的に91万トンに増えて、搬出作業も公害調停で定められた今月末の期限ぎりぎり、28日午後3時すぎ、ようやく完了する予定で、最後の船を住民や知事などが見届けることにしている。

 調停成立から約17年、運び出し開始から14年。国内最大級の産廃不法投棄問題は大きな節目を迎えるが、5月末まで続く隣の直島での処理や、豊島の地下水の浄化など豊かな島の回復にはまだまだ時間がかかる。

日本テレビ系(NNN) 3/28(火) 14:49
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170328-00000035-nnn-soci http://www.wehate9.com/

【話題】<尾木氏>高校生雪崩事故に「若い命亡くなるは辛い…」自身も教え子事故で亡くす

教育評論家の尾木ママこと、尾木直樹氏が28日、フジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」で、栃木県那須町のスキー場で雪崩に巻き込まれた高校生達の事故に「若い命が亡くなるのは本当に辛い」とコメント。尾木氏は昨年2月、教え子の大学生たちをスキーバスの事故で亡くす悲しみを経験している。

 番組では冒頭から、山岳部の高校生や教師が巻き込まれ、8人が亡くなった事故を報道。犠牲になった生徒の父親らの無念の思いなども報じた。

 尾木氏は、父親が「親より先に亡くなることが唯一の親不孝だった」とコメントしたことに触れ、「若い命が亡くなるのは本当に辛い…」と声を振り絞った。

 尾木氏は「超ベテランの先生が行ってらっしゃって、生徒も軟弱な子供ではなく、山男を目指す心意気のある人ばかり。(せっかく来たのだから)練習しようというのは教師の本能。雪崩の危険を予見できなかったのは残念だが…」とコメント。雪崩注意報が出ていながら、訓練を行っていたことを疑問視する声も上がっているが、自身も教師であり、教師の心情も分かることから表情は複雑だ。

 昨年2月に教え子をスキーバス事故で亡くした際は、バス会社の過失があったが、今回は自然災害とあって「何を恨んでいいのか…」と絞り出すようにコメントしていた。

デイリースポーツ 3/28(火) 14:48配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170328-00000065-dal-ent http://www.wehate9.com/

【アメリカ】<トランプ大統領>温暖化対策見直しへ大統領令!国内経済優先に

トランプ米大統領は28日に環境保護局(EPA)へ出向き、連邦政府による温暖化対策の見直しを命じる大統領令に署名する。オバマ前政権が気候変動の問題に取り組んだ政策を覆して規制を撤廃し、国内経済の発展を優先する内容だ。

大統領令について説明を受けたホワイトハウス当局者が27日に語ったところによると、温暖化対策の規制よりも米国の雇用を重要視するトランプ政権の立場が反映されている。

同当局者は「大統領がこれまではっきり示してきたのは、米経済を脅かすような気候変動対策は取らないとの立場だ」と指摘した。

トランプ氏は28日の大統領令で、発電所から排出される温室効果ガスを規制した「クリーンパワー計画」や連邦所有地での石炭の新規採掘停止など、オバマ前政権が導入した環境政策の多くを撤廃。各省庁に「エネルギー自立の妨げとなる規制や規則、政策」を全て洗い出すよう求める見通しだ。

具体的には、オバマ氏が気候変動対策として署名した大統領令など少なくとも6件が撤回される。この中には、「気候変動が国家安全保障に与える脅威の増大」を指摘した覚書も含まれている。

同当局者は、「前政権の政策は労働者を軽視していた。だが我々は環境保護と雇用確保を同時に実現することができる」と主張。さらに「環境を守るための最善策は経済を強化することだ」との説を展開した。

これに対して気候変動対策を訴える専門家らは「米国の価値観に反し、国民の健康と安全、繁栄を脅かす動きだ」と、強い反発を示している。

トランプ氏はかねて気候変動問題に懐疑的な立場を示し、「地球温暖化の概念は中国が米製造業の競争力を奪うためにでっち上げた」などと発言したこともある。

選挙戦ではオバマ政権の環境政策を全て覆すと表明し、就任後はEPA長官に環境保護規制反対派の急先鋒、プルイット氏を起用。オバマ氏の「脱石炭」政策で失業した炭鉱労働者の職を取り返すとの約束も掲げてきた。

CNN.co.jp 3/28(火) 14:48配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170328-35098855-cnn-int http://www.wehate9.com/