【鹿児島】中種子町でイルカ集団座礁 沖に戻す作業難航

MBC南日本放送 3/28(火) 18:34
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170328-00022346-mbcnewsv-l46

鹿児島県中種子町の海岸で27日、イルカ13頭が打ち上げられているのが見つかり、生きていた12頭が沖に戻されました。海岸では28日も再び10頭が打ち上げられているのが確認され、

町などが沖に戻す作業をしました。中種子町によりますと、27日昼ごろ、中種子町の長浜海岸の砂浜で、近くの住民から「イルカが打ち上げられている」と町役場に連絡がありました。

打ち上げられたイルカは13頭で、町の職員と海岸にいたサーファーが27日に生きていた12頭を沖に戻しました。死んだ1頭は海岸の砂浜に埋めたということです。

そして28日、町が確認したところ再び、イルカ10頭が浜に打ち上げられていて、町などが沖に戻す作業を行いましたが、海上のしけの影響で作業は難航しました。

結局、10頭のうち4頭は死に、弱っている6頭は波が来ない場所に、一時避難させたということです。29日、再び沖に戻す作業を行う予定です。

打ち上げられたイルカは体長がいずれも2メートルほどで、かごしま水族館によりますとシワハイルカとみられるということです。 http://www.wehate9.com/