読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【香川県】<国内最大級の不法投棄>産廃撤去きょう完了!量は当初の約60万トンから最終的に91万トン

 日本で最大級の産業廃棄物の不法投棄が行われた香川県の豊島で、県が14年かけて進めてきた廃棄物の搬出作業が28日、完了する予定。

 香川県土庄町の豊島では1975年ごろから長期にわたって自動車の破砕くずやシュレッダーダストなどが不法投棄され、撤去を求めていた島の住民たちと県の間で2000年、公害調停が成立。3年後、産廃を隣の直島に運び出す作業が始まった。

 産廃の量は当初の約60万トンから最終的に91万トンに増えて、搬出作業も公害調停で定められた今月末の期限ぎりぎり、28日午後3時すぎ、ようやく完了する予定で、最後の船を住民や知事などが見届けることにしている。

 調停成立から約17年、運び出し開始から14年。国内最大級の産廃不法投棄問題は大きな節目を迎えるが、5月末まで続く隣の直島での処理や、豊島の地下水の浄化など豊かな島の回復にはまだまだ時間がかかる。

日本テレビ系(NNN) 3/28(火) 14:49
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170328-00000035-nnn-soci http://www.wehate9.com/